看護師産業看護師とは企業を職場とする看

看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師のことを指します。
看護師と聞くと病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を設置している会社もあって、そこで仕事をしている人もいます。
具体的な仕事、その果たす役割は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守り、管理することは基本的な仕事と考えてください。
全国での看護師年収は平均すると、437万円くらいです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても違ってきます。
一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制の病院の方が多いといえます。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健指導をしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのは無理かもしれません。
興味がある人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。
看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども頻繁に載っているでしょう。
看護師になるための国家試験は、1年に1回あります。
看護師不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を推移しています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な試験です。