看護師国家試験に受かるよりも看護学校の卒業の方

看護師国家試験に受かるよりも、看護学校の卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校はそれほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させてしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても変わってきます。
現場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
看護士になりたい理由は本当に何をきっかけにして看護師になろうと思ったのかを交えれば良い印象になります。
転職の場合、その理由はこれまでに培った経験を有効活用したいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。
以前の職場への批判などは言わないようにしましょう。
看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度開催されます。
看護師の人数の不足が問題視されているわが国にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保っています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超過できれば合格できる国家試験です。