看護師国家試験に受かるよりも断然看護学校を卒業する

看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年が決まってしまうようです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
看護師の資格を取るには、何通りかのコースがあるでしょう。
看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、突然、試験を受けることは認められていません。
受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について勉強することが必要だというわけです。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊である上に職場によっても異なってきます。
体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれていることが多いです。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方が人気があります。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針では定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師を辞める割合が高い理由の一部と思われます。
現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは広がってきているのです。
それだけでなく、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談をとり行っています。
こういったケースは、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。