看護師の資格を取るための国家試験は1年に1

看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。
看護師の人数の不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後と非常に高いレベルを保ち続けています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。
産業看護師は、そこで働く人の健康が保てるように保健指導とかうつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。
産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業紹介所で見つけるのはほとんど不可能です。
興味のある方は看護師専用転職サイトを利用してください。
そういったサイトでは、産業看護師の求人もたくさん掲載されています。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
結婚して子持ちの人は土日を休みにできたり、夜勤がないという職場を求めています。
病院ではないところで働くのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
看護師免許を得るには、何通りかのコースが挙げられます。
看護師免許を得るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して学ぶことが必要なのです。
全国において、看護師の年収は平均して437万円ほどです。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料が上がる率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師だと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。