看護師の資格を取るための国家試験は1

看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。
看護師不足が問題となっている日本にとっては良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。
日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
看護師国家試験に受かるよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年が決まってしまうようです。
厳しい学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護師は、16時間などの当直により長時間勤務となっていて、仕事中に仮眠をとることが可能です。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
病院における看護師の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、体調を崩しやすいのも、看護師が長続きしない理由の一つかもしれません。
高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは増してきているのです。
また、大手の会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しています。
こういったケースは、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。