看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務と

看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
国の指針では、月に8回までとされていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
勤めている病院の勤務シフトによっては、生活がとても不規則になってしまったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由のひとつだと思われます。
看護師の資格を得るためには、何通りかの道があるでしょう。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは受験できません。
受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について勉強するという条件があります。
日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
昨今は高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師の必要性は多くなってきているのです。
さらに、大きな会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。
こういった場合には、その企業の社員として入社するといったこともあることでしょう。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても違ってきます。
現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を取り入れている病院が多いです。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方が人気があります。