看護師の場合勤務の形態が他の職業

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても異なってきます。
仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているというケースが多いでしょう。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、かなり3交代制の病院が多いですね。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を望んでいるものです。
病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。
日本全国の看護師の年収は平均437万円程度です。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料UP率も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針では定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
勤め先の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。
看護師免許を取るには、何通りかの道があります。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受験することが必要ですが、すぐに受験することは認められません。
受験資格を手にするために看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して学ぶことが必要なのです。