看護師の国家試験は年に1度催されます。看護師の人

看護師の国家試験は、年に1度催されます。
看護師の人数の不足が問題視されているわが国にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを保っています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤が求められない職場を望んでいるものです。
病院以外を職場とするのであれば、そこに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。
看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。
一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。
2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を取り入れている病院が多いです。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制を望む看護師も多いです。
看護師の勤務しているところといえば、病院という考えが普通でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所では、保健師と連携し、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の職務です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校卒業の方が難しいと思う人も多いといわれています。
看護学校は大変厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年してしまうようです。
厳しい学校を卒業して、国家試験もパスした方には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。