看護師の国家試験に受かることよりも看護

看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校の卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年だそうです。
厳しい学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
看護師の勤めているところといえば、病院という想像が普通でしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも様々あります。
保健所において保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役割です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
国の指針により月に8回までと定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が長続きしない理由のひとつと考えられます。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても変わります。
現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、かなり3交代制の病院が多いですね。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導をしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは無理かもしれません。
興味を持った人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。
そういうサイトなら、産業看護師の募集も数多く載っています。