看護師の国家試験に受かることよりも断然看

看護師の国家試験に受かることよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校はそれほど厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。
そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。
仕事場においては一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという勤務先も多いものです。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。
看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務で、仕事中に仮眠をとることが可能です。
月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。
働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由の一部と思われます。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導やうつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワーク等で見つけるのはほとんど不可能です。
興味がある場合は看護師専用の転職HPを利用してください。
そういうサイトなら、産業看護師の募集もたくさん掲載されています。
修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
子供のいる既婚者は土日に休めたり、夜勤がない職場を望んでいるものです。
病院以外のところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。