看護師の勤めているところといえば病院

看護師の勤めているところといえば、病院と想像するのが一般の考えでしょう。
ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の役目です。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。
看護士の求人情報は豊富にありますが、希望通りの条件の求人があることは少ないでしょう。
看護師資格を持つ方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。
できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思う方が多いです。
希望通りの病院などに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。
子供のいる既婚者は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を求めています。
病院ではないところで働くには、働こうとするところに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
看護師の国家試験に合格することよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校はかなり厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。
そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も見事に合格した方には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。
看護師の国家試験は、年に1度催されます。
看護師不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格を勝ち取ることのできる試験です。