看護師の勤めているところといえば病

看護師の勤めているところといえば、病院という考えが妥当でしょう。
ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。
保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の仕事です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師のことをいいます。
看護師といったら病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室を設置している会社もあって、そういう場所で働く人もいます。
具体的な仕事内容やその役目は働く会社によって異なりますが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは基本的な仕事でしょう。
全国での看護師年収は平均437万円程度です。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料UP率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。
看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保ち続けています。
看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格可能な試験です。
産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導などをしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのは不可能だと思います。
興味がある場合は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。
転職サイトなら産業看護師の求人も掲載されることが多いです。