看護師となるための国家試験は年に1度ありま

看護師となるための国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには喜ばしいことに、直近数年における看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。
看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格可能な国家試験です。
看護師の資格を得るためには、何通りかの道すじがあります。
看護師免許を取得するには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について勉強することが必要なのです。
看護師の勤務しているところといえば、病院と想像するのがオーソドックスでしょう。
しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院だけでなく色々とあります。
保健所で、保健師の方と協力して、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の仕事です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為の大半を看護師がやります。
高校に進むときに衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
しかし、途中で違う進路を考えだしても進路を変えるのは簡単なことではありません。
それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いので勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護師が転職をするには、未来のことを考え、迅速に行動することが大切です。
それから、どんな点が大切なのかを決定しておいた方がいいでしょう。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報を少しずつ収集してください。
年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も数え上げておきましょう。