抜け毛を予防するのにイソフラボンが有効なのか

抜け毛を予防するのにイソフラボンが有効なのかを探ってみました。
老化が始まってくると女性ホルモン分泌量が減ります。
女性ホルモンが少なくなると抜け毛が増えてしまいます。
女性ホルモンとイソフラボンは、同じような効果があり、毛が抜けないようにする働きがあるでしょう。
それまで、女性の薄毛は、髪の毛のサイクルが原因のびまん性脱毛といわれて参りました。
けれども、最近は、女の人も男性型脱毛症のAGAが多いことが、確認されています。
当然、女の方も男性ホルモンを有しますが、更年期の後は、女性ホルモンが減少してその影響で、体内のホルモンによるバランスが崩れ、その余波で、女性もAGAになってしまうのです。
育毛剤の利用後は血行促進と薬剤を浸透させるようにマッサージするのが良いと説明書にも記されていることがあるものですが、強引に力まかせにするのではなく、柔らかくマッサージをすることが必要になります。
強くし過ぎてしまうと頭皮を痛める場合もあり、裏目となってしまう可能性もあるためです。
イソフラボンは大豆にふんだんに含まれています。
女性、ホルモンに近い働きをするので、男性ホルモンによる効果を抑制してくれます。
ですから、頭髪の育成に効果があります。
納豆、豆腐、さらに味噌などに含まれているので、取りやすいのです。
いま、男性用の育毛剤はたくさんの種類がありますが、残念ながら、女性が使う育毛剤はまだ希少だと思います。
私個人としては効能を実感することのできるやはり、医薬品の女性育毛剤が増えることを祈っていますが、男性と女性では薄毛の仕組みが違うので、開発することが難しいのかもしれません。