全国の看護師年収は平均すると437万円く

全国の看護師年収は平均すると、437万円くらいです。
けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。
看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校の卒業の方が難しいことだという人もたくさんいます。
看護学校は大変厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。
それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針で定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
働いている病院の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師を辞める割合が高い理由の一つかもしれません。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導をしたり、うつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのは難しいでしょう。
興味のある方は看護師専用転職サイトを利用してください。
そういったサイトでは、産業看護師の求人もたくさん掲載されています。
修学旅行やツアーなどに随行して、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。
結婚していて、子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤が求められない職場を望んでいるものです。
病院ではないところで働くのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。