全国の看護師年収は平均437万円程度で

全国の看護師年収は平均437万円程度です。
でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
看護師免許を取るには、何通りかの道すじがあるのです。
看護師免許を得るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
受験資格を手にするために看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して学ぶことが必要なのです。
看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師のことを指します。
看護師と聞けば病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を設置している会社もあって、そういう場所で働く人もいます。
仕事の中身や役割は勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康を守って、管理していくのは必ずすることだと思います。
修学旅行やツアーなどについていって、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。
結婚して子持ちの人は土日に休むことができたり、夜勤なしの職場を希望しています。
病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても変わってきます。
仕事場においては一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。