全国において看護師の年収は平均437万円程度です。

全国において、看護師の年収は平均437万円程度です。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針で定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一部かもしれません。
看護師の資格を手にするには、何通りかの道があります。
看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、突然、試験を受けることは認められていません。
試験を受けるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習するという条件があります。
看護師が転職をするには、将来のことを考慮して早めに行動することが重要です。
さらに、何を重点的に考えるのかを決めておく方がいいでしょう。
将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望が叶えられそうな転職先の情報を少しずつ収集してください。
年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。
修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
既婚で子供のいる人は土日に休めたり、夜勤がないという職場を求めています。
病院以外のところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。